テニス肘

テニス肘とは・・・?

テニス肘は、実は「上腕骨外側上顆炎」といいます。

テニスをしている方に多く見られる為、別名 テニス肘 と言われています。

テニスをしていなくても、よくパソコンをする人、手作業が多い人などにもみられます。

 

原因としては、簡単に言うと「筋肉の使い過ぎ」が主な原因です。前腕(肘から下)の筋肉や指の筋肉は、

肘の内側か外側に付きます。外側に付く筋肉を使い過ぎることによって、肘に痛みが現れます。

これを上腕骨外側上顆炎(テニス肘)といいます。

当院の治療は?

当院ではテニス肘の患者様に対して、急性期(炎症がみられる時期)にはアイシングを行います。

アイシングをし炎症を抑えることで、早く治るようになります。

テニスをした後、前腕を酷使した後などでズキズキ疼く場合は、必ずアイシングをしてください。

 

テニス肘を治すには、前腕の筋肉を緩める必要があります。

RADIO STIMでの治療やHV(ハイボルト)での治療がございます。

状態を見極めた上で、最適の治療方法をご提案させて頂きます。