症状改善事例 腰痛症例①

患者様

60代 女性 主婦

来院

平成30年 9月

症状・お悩み

何年も前から右腰・右股関節に痛みがよく現れる。

①長時間座っていると腰が痛い。

②座っていて立ち上がる際に腰と股関節が痛い。

③長時間歩いていると腰と股関節が痛い。

というような症状があり、「孫と遊んであげたいけど、遊べない」というお悩みがありました。

 

姿勢をチェックしたところ、骨盤が前傾(反り腰)で身体が前重心になっているという悪いポイントがありました。

反り腰になってしまうと腰・股関節への負担はかなり増えます。その為筋肉が固くなり、可動域が狭くなり、痛みとして現れて

来てしまいます。

ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの検査も念の為しましたが、全て陰性であった為、

この方の腰痛・股関節痛は、反り腰を治すことで改善されると考え施術を行いました。

施術内容と経過

初診では今ある痛みを取る為に、ハイボルト(HV)治療と手技により腰の筋肉と殿筋、股関節周りの筋肉にアプローチし、

痛みを軽減させました。

 

2診目では、初診から2診目までに痛みが現れなかった為、腸腰筋(インナーマッスル)が弱化していないか?あるいは、上手く使えていないんじゃないか?の検査を行いました。

その結果、腸腰筋(インナーマッスル)の筋力低下が起きていることがわかり、腸腰筋(インナーマッスル)の筋力強化を開始しました。

 

筋力が完全に強化されるまで約3か月必要な為、3か月間通って頂きました。

インナーマッスル強化を開始してからすぐに効果が現れ、それから3か月の間「先生、腰が痛い・・・」という言葉を聞くことは

ありませんでした!年末年始は無事にお孫さんと遊ぶことも出来て大変喜んで頂いております。

施術メニュー

ハイボルト(HV)治療 手技 indepth(インナーマッスル強化)

症状について詳しくはこちら

腰痛